2005年11月12日

100スキ

100スキは、100円スキレットの略。スキレットはダッチオーブンと同じ素材である鋳物製フライパンのこと。100均で売っている、なかなか重厚なヤツだ。小さいがけっこう役に立つ。ちょっとした炒め物をしたり、一枚の上に、もう一枚を重ねてフタ代わりにして、蒸し焼きのように使ったり。厚手の鋳物なので、熱の回りが優れいていて、スペインオムレツなどもふんわり香ばしく仕上がる。

100均の元祖、ダイソーで買った物だが、実は全国にファンがいて、100スキファンクラブのホームページまである。http://100suki.collabosite.net/

これだけの製品が100円で作れることが驚きだ。しかし、産地の中国の経済発展で鉄が高騰しており、既にこのタイプの物は作られていないとか、いや、同じようなのを見つけたとか、いろいろ情報が飛び交っています。その他、いくつかのタイプの類似品も出回っている。
100suki.jpg
posted by 炎の料理人 at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かまどん

これがうわさのかまどん羽釜セット。かまどんは、移動式のかまど。そんじょそこらの薄っぺらな簡易かまどとは違う。ずっしり重い鋳物製。だから熱効率が非常にいい。羽釜も本格的な鋳物製の釜。これでご飯を炊くとうまいよー。このかまどんには、10インチのダッチオーブンがぴったり入るほか、12インチのダッチオーブンがうまく上に乗っかる。特に大人数の外めしには欠かせない相棒だ。

実はかまどんは広島の鋳物メーカー、大和重工の製品。長年、五右衛門風呂を作ってきた会社だから、品質には自信を持っている。ここは移動式の五右衛門風呂、湯牧民というユニークな商品も生産している。
http://www.daiwajuko.co.jp/products/outdoor/

これは、三次市のアウトドアショップ、サージェンツの大将に勧められて買った。当時は高いかな、と思ったが、これだけ使えば元は取ったなあ。
http://ww4.tiki.ne.jp/~serjean/
kamadon.jpg

posted by 炎の料理人 at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月10日

石窯

pizza1.jpg

石窯、という物を初めて知ったのは、広島のパン屋さん、ル・サンクでのことだ。それまで、石窯という言葉は知っていても、イメージがなかった。ところが、ル・サンクでは、窯作りを一部手伝ったこともあり、その構造や機能について深く学ぶことができた。そして、この道具というか設備というか、のすごさを知ったのです。
http://ww4.tiki.ne.jp/~le-cinq/

石窯は、中でがんがん薪を燃やし、窯全体に十分熱を蓄えた上で中に料理する素材を入れる。だから、窯全体から波長が長い遠赤外線の形で輻射熱が素材に降りそそぐ。この熱は素材の中に浸透しやすいのが特徴だ。しかも、ふつうのオーブンはせいぜい250度くらいにしかならないが、石窯だと400度を超える熱が得られる。だから、外はパリッと、中はふわっと、という理想的な調理があっという間にできる。ピザなどはものの数分で焼けてしまう。

写真はわが街近郊の山中に、仲間と造った石窯でパンを焼いたところです。製鉄所の廃材として出たでっかい耐火レンガを使っているので、蓄熱性はかなりのものです。うまそうにパンが焼けました。はっきり言ってピザなどは抜群です。冷凍物もナポリピッツアに早変わりです。
posted by 炎の料理人 at 11:32| Comment(4) | TrackBack(0) | 道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月08日

七輪

おいらの自慢の道具のひとつに七輪がある。七輪と言えば、ホームセンターで買えば二千円足らずからあるが、私のは一万円以上する。http://www.fnw.gr.jp/7rinhonpo/

何がそんなに値打ちがあるかというと、天然珪藻土から削り出したものだから。ふつうのは練り物といって、珪藻土を粘土のように練って型に入れて焼く。それに対しておいらのは、掘り出した珪藻土の固まりを削って成型する。保温性、耐久性に優れ、熱効率もいいそうだ。

果たしてそれだけ性能がいいかどうかは別にして、金具なども含めてかっちり作ってあるので丈夫で長持ちしそうなところは気に入っている。なにせ毎週のように使う、おいらにとっていちばん大事な遊び道具のひとつだからだ。

外遊びが好きな人は、よく組み立て式のガステーブルなどを持っている人が多いが、おいらはああいうのはどうもニガテ。それより、自然な炎が感じられる熱源を使いたい。少量の燃料でいろんな用途に使える七輪は、その意味では理想の熱源なのだ。

この七輪は、我が家では3代目にあたる。初代はもう二十年前に買った。長年活躍してくれたが、ある日、キャンプ場で使ってテントの外に置き、酔っぱらって寝ていたら、火が残っているからと水をぶっかけた人がいて、あえなく分解。二代目も立派な働き者だったが、七輪陶芸などに手を出したもので、ボロボロになってしまった。もうしません、大事に使うので許して!

写真は超ウマイ豆腐屋さんで買ったがんもを焼いているところ。外側がカリッと、中はあつあつにするには炭火がいちばん。ショウガ醤油で食べるとしみるー。ビールにも合うよ。

51186043_28.jpg
posted by 炎の料理人 at 10:45| Comment(4) | TrackBack(0) | 道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。