2006年08月09日

イカの干物

イカの干物です。スルメイカより、やっぱり水イカです。甘みがあって味が深いですよ。剣先は高すぎるのでちょっと手が出ません。

開いて内臓を取って、目も取って、胴体とげそを5%くらいの塩水に20分ほど漬けます。そして後は風通しのいいところに半日ほど干します。天気のいい日にやりましょうね。

ika.jpg


この透明感のある仕上がりがポイント。干しすぎはいけません。いわゆる一夜干しの感覚ですね。ここまで乾いたら後は冷凍庫で保存しましょう。向こうに見えるのはサヨリですね。これについてはまたいずれ。

イカにもうまそう、と思われた方はひとつご協力を。



posted by 炎の料理人 at 00:57| Comment(5) | TrackBack(0) | 食材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
島原出身の人がイカの一夜干しをくれて
ものすごくうまかった記憶があります。
するめよりパクパク食べれていいですよね。

実は夫が土曜日にイカ釣りにいくそうで・・。
ちゃんと釣ってきたら作ってもらいます。
(作ってあげたりはしない。)
Posted by なほ at 2006年08月10日 15:04
師匠のマネをして、本日水いかの一夜干つくってみました。
秀子の里から水いか50杯も送ってきたので、昨晩よりいか三昧です。
Posted by shiozy at 2006年08月12日 18:33
妻子が里帰りして、束の間の独身生活を送っております。
1人暗がりでつらつらとネットサーフィンしておりますと、なんとshiozyさんのブログとほぼ同じイカを干した写真が載っているではありませんか(shiozyさん、レスはしませんでしたが、「カチッ」はしましたので…)!!

思わずニンマリ。封印を解いて書き込んだ次第であります。ほんとにイカが食べたくなってきました。
一夜干しは作れないので、イカ刺しを食べたいと思います。
Posted by トオルちゃん at 2006年08月12日 23:37
旦那、予定変更して
イカでなくアジ釣って来ました。

うんざりするような量に泣きたくなります。
『ぎょえ〜セット』もびっくりの量です。

昨日は2人がかりでもさばききれないし
食べきれなかったので、
今日はみんな干すつもりです・・・。
Posted by なほ at 2006年08月13日 06:27
みなさまごぶさたしておりました。お盆休みで田舎へ帰っており、パソコンとも無縁の生活を楽しんでおりました。私の実家でも妻の実家でも、ひたすらめし作りをしておりましたが、一族が集まり、大量のおかずを作るのに忙しく、あまり写真を撮っておりません。すみません。

なほさん、アジ、余っているならいつでもお電話くださいって、その時、広島にいなかったけど…

shiozyさんもついにやりましたか。イカ、最高でしょ。

トオルちゃん、妻子の里帰りおめでとう(ナイショ)。思いっきり羽根を伸ばしてください。今後もよかったら書き込みしてね。
Posted by 炎の料理人 at 2006年08月16日 22:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。