2006年08月02日

なぜ外めし道か

DSCN4546.jpg


今日は私がなぜこのブログに「外めし道」という名を付けたかを書きたい。「よーするにアウトドア料理でしょ」という人もいるだろう。別にそれでも構わない。だけど、私はこの言葉がみょーに取り澄ましていて生活感が感じられず、ピンと来ない。やはり外めし道でないといけないと思う。

そのためには、まずわが郷里の竹やぶに皆さんを案内せねばならない。うちの家業は竹屋であった。父まで三代続けて、竹材を製造する仕事を営んでいた。父は現在も、日本家屋の壁の下地になる「木舞」と呼ばれる竹を割ってそれを建築中の家の壁に編み込む仕事をしている。

小さいころは週末と言えば竹やぶについていった。幼いころは仕事はできなくても家に置いておくよりは、ということで、竹やぶが遊び場だった。小学校も高学年になると、それなりの労働力であるから雑用から始めて、高校のころには一通りの仕事はできる職人気取りであった。忙しい時期にはよく学校を休ませられた。ウソのような本当の話である。

そして、昼めしは竹やぶで食う弁当だ。父親がその辺の枯れ草やら木切れやら竹の端材を集めてきて焚き火をして茶を沸かした。茶がないときは笹の葉を鍋で煎ってお茶代わりにして飲んだ。忙しいので、母親もまともなおかずなどほとんど作れない。その代わり米の飯だけは力いっぱい入った弁当を食った。

これがうまいのだ。冷えためしでも口の中で咀嚼していると甘みがわいてくる。缶詰のサンマでもあれば御の字、小学生でもどんぶりめしくらいの分量は軽く食った。喉を飯が通るたび、何とも言えない幸福な気分になった。時にはその辺の野草もちょっと手を加えておかずにする。空腹と、周囲のきりっとした空気とが相まって、本当にうまかった。「外で食うめしはどうしてこんなにうまいのか!」私は子ども心に思った。

その後、気候のいいときなら割った竹を地面に敷いて、ごろんと仰向けになって昼寝をする。満腹で、うとうととしながら眺める空は美しかった。竹の葉陰を渡る風は、実にさわやかで気持ちがよかった。

結局、私はなんだかんだ言ってもあれ以上うまいモノは食っていない。やはりあれが原点だと思う。素朴でまっすぐで力強くて…そんなめしを食っていないと人間はだめになる。根拠は特にないけど、そんなことを思う。だから、あの何の飾りもないけど実にうまかった竹やぶの昼めしの感覚を大切にしたい、そんなものをこれからも追い求めたい。そんな思いを込めて、多少仰々しい気もするが、「外めし道」と名乗らせてもらった。

たかがめしで大げさだけど。

講釈はこれで最後にしますので、クリックを。



posted by 炎の料理人 at 01:13| Comment(11) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あっ、背景も変わってる!

外で食べるご飯がおいしい、すごく分かります。
私も冷たい飯大好きだし
外だとおかずナシでもオニギリだけで幸せだったり・・・。
笹茶!私も経験ありますよ。
父と母が山登りが好きでそれで知り合って
結婚しているので、
乳児のときから山に連れて行ってもらってたんです。
炎の料理人さんと違って仕事ではないから
お遊びみたいなものですが・・・。
缶詰とオニギリだけで行ったこともあります。
(なぜかいつもさんまの蒲焼)
母は山菜マニアだったし・・・。

・・・なんだかどこかに出かけて
外めし食べたくなりました。
Posted by なほ at 2006年08月02日 06:08
「外酒」もうまいよね(笑)。

スキー担いで登った後、一口だけもらったバーボンが実に甘くてうまかった。
Posted by かわちゃん at 2006年08月02日 07:59
炎の料理人さん、おはようございます。
「アウトドア料理」ではなく、「そとめしどう」。
なかなかこだわりがありますねえ。
「家業が竹屋」さん。←我が家の里の家業は「手すき和紙屋@廃業」。
なんだか親近感がありますね。
ところで、「そとめしどう」を最初に読み間違えて
「外道めし」と記憶にインプットされてしまいました私は
どうしたらいいのでしょうか?
Posted by shiozy at 2006年08月02日 09:57
なほさん、私も山登り、大好きです。山のてっぺんで食べるおにぎりもうまいですよね。インスタントラーメンでも何でも最高です。また、そのうち山で食べた史上最高のチキンラーメンの話を書こうと思います。

かわちゃんは酒の道を究めておられますからねえ。私も雪山の酒、好きです。岡山県北の山小屋で、新雪をコップにギュウギュウ詰めて、ウイスキーを流し込んで飲んだら最高でした。

さすがShiozyさん、外道めし、それはそれでいいネーミングですね。裏ブログでも作るかな。でも、以前書いた「汚水蓋」の欄なんか、外道めしというにふさわしいと思います。外道の面も追求していこうと思います。
http://sotomeshi-do.seesaa.net/article/12206240.html
Posted by 炎の料理人 at 2006年08月02日 10:55
写真の竹林に行って おにぎり食べたくなってしまいました。

そうですね。外で食べるご飯って ほんと魔法がかかったみたいに美味しいですよね!!

子供の頃 父の実家が農業してたので、農繁期には刈り出された両親について行って 10時のおやつ・お昼・3時のおやつと田圃やら畑のあぜ道で 「外めし」しましたよ。

太陽の光・風の香りが調味料になっているんでしょうかね。

今も 借りている市民農園での作業が お昼近くになりそうな時は、お握りとかゼリーとかを車に積み込んで行って 頬張ってます。
なんという 幸せ感!!

広島に引っ越して来て 良かったぁー。



Posted by あみん at 2006年08月02日 13:32
マンホール焼肉は外道…じゃなくて「下道めし」では?!
私の管理人さんのイメージは「極道めし」の方が…。
Posted by ぶんぶん at 2006年08月02日 15:57
あみんさん、田んぼのあぜに座り込んでめしを食うのもいいよね。わが家は田んぼこそなかったが、畑はあった。近所は田んぼだらけ、友だちの家はほとんど農家だから、よく田植えについていってあぜでお昼をごちそうになった。もう、あのころは機械植えが主流になっていたけど、まだ手植えの家も残っていた。だから、たくさんの人の弁当が必要だったんですね。一人や二人まぎれ込んでも困らない。いい光景だったと思います。

ぶんぶんさん、平和の使徒、街の守り神の私に対して極道はないでしょう。誤解は早めに解いておかないといけないなあ。
Posted by 炎の料理人 at 2006年08月02日 16:26
講釈は最後といわず、また読ませてくださいな。
ブログ巡りで楽しいのは、こういう話に
ぶち当たった時だと思ってます。
行間から、葉擦れの音が聞こえてきそうです。
Posted by 自転車 at 2006年08月02日 22:55
あのー、「炎の料理人」さんに楯突く気はないんですけど、
不肖アタクシも「ぶんぶん」さんに一票。

「平和の使徒」とゆーより、
「使途について、厳しく追及する」って感じでしょーか、ワハハ。
Posted by HAPPY MAN at 2006年08月03日 11:15
炎の料理人さま、おじゃましまーす。
外めし道にこんな素敵な原点があったのですね。
お父様が沸かすお茶、お茶がなければ笹の葉で、なんて
いいなあ。
秋には茸ですかね。楽しみにしています。
Posted by はなみ at 2006年08月05日 16:10
はなみさん、こんにちは。

秋に茸を登場させられたらいいですね。昨年はさっぱりでしたが、今年の山はどうかな。
Posted by 炎の料理人 at 2006年08月06日 21:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。