2006年07月30日

白身魚の中華風蒸し物

材料
白身魚の切り身 200グラム
豆鼓 大さじ半分
塩 少々
酒 大さじ1杯
長ネギ 適宜
ショウガ 少々
植物油 大さじ2杯

魚は白身なら何でもいい。軽く塩をしたら、器に入れて細かく刻んだ豆鼓をまぶすように入れ、酒をふりかける。長ネギを細く切ったものを半分、上からかけて、器ごと蒸し器に入れて10分くらい蒸す。蒸し器はなくても、大きな鍋の底に、百均で売っているケーキ台の上に皿を載っけて鍋に水を張り、ふたを閉めるだけでOK。

蒸し上がる直前に、中華鍋で油を加熱し、長ネギの細切りとショウガの薄切りを入れて、焦がさないように熱を加える。蒸し上がった魚を取りだして、上から油ごと回しかけたらできあがり。味が薄いようなら醤油を少しかける。

DSCN5267.jpg


おいおい、ネギ入れすぎで魚の身が見えなくなってるじゃんか。

今回は鯛の切り身を使ったけど、例えばイサキなんかを腹を出してウロコを取り、身に切り目を入れて同じように調理すれば、姿蒸しになって本格中華みたいでカッコイイ。ネギとショウガの香りを吸い込んだ、熱々の油がじゅわっと魚の身にかかることで、身がとろっとした食感に変わり、実にうまいです。アウトドアでも十分できます。

何はなくともまずクリック!



posted by 炎の料理人 at 13:14| Comment(4) | TrackBack(0) | レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 いやあ、美味しそうな雰囲気満々ですよ。今夜はご近所4世帯で持ち寄ってのお食事会。さあて、ぼちぼち用意しないと・・・。Shiozyさんからやってきました。
Posted by うるとらまん at 2006年07月30日 14:45
うるとらまんさん、ようこそ!食事会、いいですね。しかも4家族。うらやましい。わが家にはそれだけ収容できません(汗)
Posted by 炎の料理人 at 2006年07月30日 21:50
蒸し物は手間が掛かりそうな印象があって、どうしても敬遠してしまいます…次回の外メシ会で作って食べさせてくださいませ。

3日前の「家常豆腐」、メチャうまでした!汁が残ったので軽く炒めた小松菜とモヤシをあえました。翌日、そうめんに乗せて食べたらきさくの坦々麺風で、またまたメチャうまでした!

>ところで、ぶんぶんさんのブログ、かなり派手に炎上しましたね。
…某1面コラムの“雑巾”の炎上ぶりに比べたら、まだまだです。今後も頑張りたい?と思いますので、ご指導よろしくお願いします。
Posted by ぶんぶん at 2006年07月31日 01:31
 書き込みありがとうございます。衣装は自分で決めています。
次は8月5日の土曜日、地元の西区井口台夏祭りに登場です。18時半に子供の輪が出来ることでしょう。今までで最高に派手なのをやってしまおうと考えています。場所は井口台小学校です。車は近くのフジというスーパーに(ちょっと買い物でもしてなら)止められるかな!?
Posted by うるとらまん at 2006年07月31日 21:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。