2006年07月20日

サバ

となりの釣り好きのおじさんが釣りたてのサバをくれた。「やせてて脂がのっとらんよ」とのこと。しかし、ごらんの通り鮮度は抜群だ。

脂が乗ってりゃみそ煮か塩焼きでしょうけど、この鮮度だがら、刺身ですね、ということで、今日は妻が三枚におろしてくれた。

いや、やっぱり青魚の刺身は最高です。イワシ、サンマ、アジ、トビウオなど、鮮度がよくないと食べられないけど、その新鮮なものにあたったときは幸せですね。

saba.jpg


こうしてブログを続けられるのも、みなさまのおかげです。ひとつよろしくひと押しを。


posted by 炎の料理人 at 08:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 食材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私 恥ずかしいのですが、お魚をさばくことできません。

東京にいるときは、切り身のパックしか買ったことなかった。

広島に引っ越して来て、料理教室に通い始めた頃からボチボチとトライしてますが、なかなか 上手くさばけるようにはなりません。

美味しいおさかなが、手に入るところだし、頑張らなくっちゃ。

いっそ、スーパーの鮮魚部門にパート就職しようかと考えているほどです。

Posted by あみん at 2006年07月20日 11:03
三枚おろしははっきり言って妻の方がうまいので(汗)妻は昔、生協の「魚のおろし方教室」で勉強したのです。

てなわけで、私はあまり自慢できませんが、こればっかりは場数を踏むのがいちばん。まずは身が柔らかくておろしやすいマイワシからいきましょう。それから、アジとかサバとかの、わりあい構造が単純で身がしっかりあり、値段が安い(ここんとこ重要)もので集中的に練習しましょう。

最初は皮や中骨に身がほとんどついていったり、切り取った身がボロボロになったりします。だから、決してアコウや関サバなどで練習しないようにしましょう(だれもしないって)。

後は道具です。この際、いい物を買った方がいいです。私は最初に出刃包丁をケチったのを後悔しています。刺身包丁はある程度いい物を買ったけど。いい刃物で練習すると腕が上がるのが早いです。安いモノは研いでもすぐ切れなくなります。一つあれば一生モノですから。
Posted by 炎の料理人 at 2006年07月20日 15:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。