2006年07月17日

ハモ

夏の魚、ハモである。生まれ故郷、京都では、祇園祭とハモというのがセットになっている。まさに、あの暑い盆地の夏には欠かせない食材だ。

京都では「落とし」で食べる。いわゆる湯引きである。骨切りをしたハモをぐらぐら沸くお湯に落とし、さっと湯にくぐらせて氷水でキリッと冷やす。そして梅肉や酢みそで食べる。ハモの皮をキュウリと合わせた酢の物というのも関西の味で、なかなかイケル。

これはこれでうまいのだが、瀬戸内海の生きのいいハモを身近に手に入れられるようになってから、何もわざわざうまみを湯に捨てるような食べ方をしなくてもいいな、と思うようになった。焼いてよし、煮てよし、鍋など、抜群にうまい。

hamo.jpg


写真のハモは少々小ぶりだった(そのかわり安かった!)ので、骨切りも大雑把にして、軽く干して焼いて食べた。小さいハモでも、ちゃんと脂が乗っている。魚に関しては、やっぱり京都より広島ですわ。

ここでお会いするのも何かの縁。一押しよろしく。


posted by 炎の料理人 at 21:55| Comment(4) | TrackBack(0) | 食材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ハモ、おいしいですよねえ。
でも我が家は旦那の方がかなりのハモ好き。
関西生まれの関西育ち、居酒屋の息子なもんで・・・。

干してもおいしいんですか。
そりゃ初耳です。旦那に言っときます。

広島の魚もいいですが、山口もいいですよ!
(山口生まれの私)
田舎だから水もきれいだし、
瀬戸内海と日本海、どっちの魚も食べれます。
Posted by なほ at 2006年07月18日 05:14
料理教室で初めて「ハモ」に触りました。
骨きりするのが、とっても大変なことに気づきました。

でも、小さめのなら あまり気にしないで良いのですね。
今度、ウチの食卓に乗せたいと思います。

広島は、魚も野菜も果物も 美味しくて良いところですよね。
Posted by あみん at 2006年07月18日 09:10
なほさん、こんにちは。貴女のブログ、ランキング急上昇ですごいですね!私もほぼ毎日、一押しさせていただいております。

山口の魚、確かにいいですね。以前、このブログでも書いた(http://sotomeshi-do.seesaa.net/article/11688287.html)のですが、山口の宇部の魚屋さんから、時々取り寄せています。日本海のモノも手に入りやすいのはポイント高いですよね。

あみんさん、ようこそ。骨切り、プロだとものすごく繊細に細かく切りますが、素人はあそこまでする必要はありません。特に、焼くと骨はわりと食べやすくなりますから、大雑把な骨切りでいいと思うのです。いいハモを魚屋さんで見かけたら挑戦してみてください。

Posted by at 2006年07月18日 11:04
過去日記、読ませてもらいました。
「魚をさわるのが苦手な人、危険です」に
かなり爆笑してしまいました。
これは魚好きの旦那が喜びそうです。
私は魚をさばくのは苦手というわけじゃないけれど、
我が家ではそれは夫の仕事ということになってます。
(喜んでやってるし、私がラクだから。)
早速夫に伝えなくては・・・。
Posted by なほ at 2006年07月18日 11:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。