2006年07月01日

お弁当アートの作り方

obentou.JPG
今回は直接、外めしの話ではありませんが、まあ、お弁当も外めしの一つと考えれば関係なくもないか。

すばらしい本が出ました。「お弁当アートの作り方」。著者の寺島淳子さんは伊丹市にお住まいの女性です。最初はお嬢ちゃんのためにお弁当を作っていて、子どもが少しでも楽しめるようにと、アニメのキャラクターなどをかたどった、「キャラ弁」を作るようになったのです。

そのうち、お嬢ちゃんが給食のある幼稚園に入ったため、お弁当が不要になり、今度は会社勤めのご主人のためにお弁当を作り始めたのです。それは有名人の似顔絵だったり、いろいろな品物だったり。それが抜群にうまいのです。

しかも、特別な着色料などの添加物は使わず、どれも安心して食べられる材料を使って作られているところがすばらしい。その作品をブログで発表しているうちに人気が出て、ついに出版が決まった、というわけなんですね。

この本では、その技をすべて公開。傑作の写真もたくさん収録されています。「私にはとても作れない」という人も、見ているだけで楽しめます。出版社はエクスナレッジ

アマゾンなどでも購入できますよ。

本を買う前に、まずは一押し。


posted by 炎の料理人 at 18:37| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「広島Blog」の所をポチっとクリックすると、インターネットExplorer画面が「予期しない理由で終了」してしまいます。
3〜4回 日にちを変えてトライしても同様です。
何でしょうかね?

なので ポチっとせずに 拝見させて戴きます。


Posted by あみん at 2006年07月03日 08:59
あみんさん、すみません。ご覧いただけるだけでも幸せであります。
Posted by 炎の料理人 at 2006年07月03日 11:43
5歳園児の弁当(たった週3日)で四苦八苦してる私からすると、まさに芸術!!です
(家康像の葵の紋所とか、スゴスギ)
この似顔絵力、オタッキーさが日本のアニメ文化を生み出してる気がしました。
しか〜し。前日から準備しないとできそーにないので、やっぱり真似はできましぇんん。
息子よ、ノリの貼り絵で許しておくれ〜

炎の料理人さんはお弁当作ったりされるのですか?
Posted by ahome at 2006年07月07日 11:51
さっきランキングが121位でしたよ。
以前より急上昇ですね。
Posted by なほ at 2006年07月07日 12:25
寺島さんは、前日、少々仕込みはするけど、朝、1時間でぜーんぶ作るらしい。幼稚園児と乳飲み子を抱え、すごいとしかいいようがない。

娘の弁当がない日は妻が弁当を作らないので、私が自分で作ってます。3月15日の日記に弁当の写真を載せておりますが、とても人様に自慢できるようなモノではありません。芸術性はゼロどころか、マイナスですが…
Posted by 炎の料理人 at 2006年07月07日 13:11
すごい本のご紹介ありがとうございます。
当地では弁当は特に必要ありませんが、大変目の保養になりました。
Posted by TOMOKO at 2006年07月23日 07:28
TOMOKOさん、こんにちは。そうです。この本はまねるモノではなく、見るモノかもしれませんね。

わが家は普段は妻が作ってくれるのですが、夏休みとかになると娘の弁当が必要なくなるので、私のも自動的になくなる(涙)。そんなときは自分で作ります。意外に楽しいですね(それなら普段も作れ、と言われそうですが…)。このブログにも弁当をアップしたことがあります。人様にお見せするようなもんではありませんが。
Posted by 炎の料理人 at 2006年07月23日 11:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。