2006年04月30日

お魚干し太郎

すごいメカを見つけました。arixという北海道の会社が製造している「釣り名人の お魚干し太郎」。靴下などを干す、円形の物干しがありますよね。あれがぐるぐる回ると考えてください。山陰なんかをドライブしていると、よく海産物の店で白イカやスルメイカがぐるぐる回っています。あれの家庭用ですね。さっそく使ってみました。

魚はウルメイワシを6尾。腹開きにしてワタを取り、きれいに洗います。ペーパータオルで水分をていねいに取り、開いた腹に塩をまんべんなくふりかけて皿の上に乗せ、冷蔵庫に入れて約30分。塩を身になじませます。これの頭のところを本体付属の洗濯ばさみでしっかりはさみ、本体に引っかけます。

機械は単一の乾電池を二個使います。魚がぶらさがった状態でスイッチを入れると、勢いよく魚が回り始めます。このとき、魚に付いている水分が周りに飛び散りますので、スイッチを入れたら退避して、しばらくは近くに寄らないようにしましょう。

hoshitaro.jpg


最初に機械に入っていた電池がかなりパワーが弱っていたことや、夕方だったことから、2時間してもあまり乾きませんでした。そのうち、みるみる回転が落ちてきたので電池を交換。すると見違えるように早く回るようになり、40分ほどで透明感のある仕上がりになりました。

まったく道楽としか言いようのない道具ですが、性能はかなりの物。取り扱いもメチャ簡単です。こういうことが好きなら、値打ちはあると思います。魚はとりあえず冷凍しています。食べた感想はまたレポートしますのでお楽しみに。

このブログをご覧になったら、下記をクリックしてやってください。ランキングが上がります。


posted by 炎の料理人 at 22:41| Comment(6) | TrackBack(0) | 道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これ、待ってたのよ、炎の料理人さま。

爺はこれでも「つり名人」。
余ったオトトの処理にサイコー。

何処で買ったの、オセーテ。

爺でした。
Posted by 爺 at 2006年05月01日 09:56
へ〜、こんな物あるんや。

洗濯物の乾燥機いうことで買おかな(笑)。
Posted by かわちゃん at 2006年05月02日 17:25
通販可能です。私の文章の、arixのところが赤くなっていると思いますが、あそこをクリックすると、その会社のホームページに飛びます。なんか宣伝みたいですけど。
Posted by 炎の料理人 at 2006年05月02日 18:35
>かわちゃん
昔のぶらさがり健康機みたいに
結局はこれも洗濯物干しになるんとちゃいますか?(笑)
靴下も早く乾きそうやし。
Posted by chi-ko at 2006年05月02日 18:45
衣類は軽すぎてだめや、というようなことが、何かに書いてあったと思うのですが…。電池切れ寸前の状態なら、ちょうどええかも。ということは、抵抗を付けて、ちょっと電流量を落としてやればいいかも。

実は昨日、干物食べたんですけど、予想以上にうまくできてました。うまみが凝縮して、ほどよい乾き具合で。塩っ気がちょっと強かったので、今度は薄味で行きます。干物の写真撮るの忘れてたので、画像のアップは次回を待て。
Posted by 炎の料理人 at 2006年05月02日 20:09
自家製干物作りを楽しむ方々がどんどん増えて欲しいです。「お魚干し太郎」はネットでも購入可能なので皆さんも楽しんでください。
Posted by 干し太郎 at 2007年02月07日 12:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。