2010年09月05日

太田川

先週の日曜日の話になってしまいますが、広島市安佐北区飯室の太田川沿いにある川魚料理屋さん「ひらお」で外めし大会をやってきました。

http://nekokichi34.blog33.fc2.com/blog-entry-1176.html

駐車場のような広場を使わせてくれるのだという。海の家にあるようなあずまやも自由に使える。ありがたい話である。

現場に着いたら仕込んでいた豚バラで燻製作り。なんか、久しぶりじゃなあ。前夜、粗塩、きび砂糖をすりこみ、黒こしょう、すりおろしニンニクもすりこんでポリ袋で一晩寝かせました。

豚バラ.jpg

七輪に火をおこし、細かく切った桜の小枝をくべて上から豚バラをつるした燻製器をのせる。そしてふたをして約1時間加熱。

燻製器.jpg

桜の枝を増やすと煙の香りが強くつくし、枝は少なめにして炭火で加熱すればあっさりした風味の燻製に仕上がります。今日はやや軽めの仕上がりに。オラの燻製は手抜きもいいところで、ソミュール液とかいう調味液に漬けるのではなく、直接、塩などの調味料をすりこむ。流水にさらして塩抜き、なんてのもしない。チップは使わずに、拾ってきた桜の木ぎれを直接くべる。それでも熱燻なら、本格的に作ったものとそれほど大きな違いはない(たぶん)。

燻製.jpg

ほかにもラタトゥユを作ったのだけど、写真は省略。ここのお店は川魚料理屋さんだけあって、見事な鮎が出てきたので、これも炭火で焼いた。

鮎.jpg

写真をとり損ねたけど、ウナギの白焼きもうまかったなあ。養殖物ですけど、自分のところで質のいいウナギをさばいて焼いているので、わさび醤油でパクパクいけます。鮎めしも最高です。

鮎めし.jpg

この日、集まった連中は広島でも札付きの食い意地が張った軍団。ほかにもうまいもの満載だったのだけど、調理と食べるのに忙しくて写真あまり撮っていません。これはチヌの松笠造り。皮を残したチヌの身を軽くあぶって冷水で締めます。三枚おろしはナゾの庖丁人がやってくれました。

チヌのたたき.jpg

「ひらお」のおかあさんが出してくれた野菜も実に新鮮。うみゃー。

野菜.jpg

猛暑の中だったので、この後、川で泳ぎまくりました。太田川もここまで来ると水がきれいで実に爽快です。すばらしい休日となりにけり。

posted by 炎の料理人 at 21:25| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ええなぁ、絶対うなぎは白焼が美味しい。
Posted by かわちゃん at 2010年09月06日 14:05
 写真綺麗なぁ〜〜。
やっぱ私の様に携帯電話のでチャチャッと撮ったのとは違うニャー。
Posted by 謎の庖丁人 at 2010年09月06日 20:57
高速をくぐってちょっと行ったところですよね。
自転車で行くのにちょうどいい距離。
土曜日辺り、行ってみようかなあ。
 
鮎飯はお盆に耶馬渓で食べたけど、香りがあって美味しいですよね。
 
そういえば、例の鰻を冷凍してたのを思い出した。
帰って食べましょう!
Posted by HAPPYMAN at 2010年09月08日 18:09
こんな楽しいコトしてるなら、誘ってくださいよ〜♪
いくら暑かったとは言え
…泳いだんですかぁ。
想像したくないですねぇ(笑)
Posted by サザエ at 2010年09月09日 17:37
>絶対うなぎは白焼が美味しい。

確かに。いいうなぎでなかったらどうしようもないけどね。

>自転車で行くのにちょうどいい距離。

それそれ。今度行ってみよう。

>こんな楽しいコトしてるなら、誘ってくださいよ〜♪

そんなん言うたらマジで誘うよ。で、パンツ一丁で泳ぐ姿を披露します(笑)
Posted by 炎の料理人 at 2010年09月09日 22:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/161659660
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。