2006年03月28日

野草

庄原の田んぼのあぜを歩いていたら、ノビルとカンゾウの若芽を見つましけた。

nobiru.jpg

上のがノビル。野蒜と書きます。ネギに似てるでしょう。味もネギにそっくり。食べるときは、よく洗って下の白い部分を切り取り、皿に取ってラップをかけ、電子レンジで軽くチンします。酢みそ和えがよく合います。鱗茎と呼ばれる、タマネギみたいな部分は、特に甘みがあっておいしいです。

緑の部分も万能ネギの代わりに使えます。みそ汁やうどんに入れてもよし。細かく刻んで卵と炒めれば、ニラ玉ならぬヒル玉。これもいけます。

春先の早い時期から食べられて、花芽がとう立ちするまで大丈夫。どこにでもある野草で、ちょっと慣れれば誰でも見つけられるので、ぜひお試しアレ
。ただし、鱗茎は、かなり土中深くに眠っていますので、移植ごてなどでしっかり深くまで掘り返す必要があります。

kanzou.jpg

こっちがカンゾウ。オレンジ色のユリのような花が、真夏に咲きます。実はヤブカンゾウとノカンゾウの二種類がある。「ヤブ」は八重咲き、「ノ」は一重です。これのつぼみを干したものが、中華料理の食材、「金針菜」。漢方の効能もあるそうです。

若芽は、葉っぱが伸びて垂れないうちが食べ頃。写真のようなのが限界です。これ以上葉っぱが伸びると、葉先がしゃこしゃこしておいしくありません。

これも酢みそ和え、あるいは、おあげとたいたり、肉とたき合わせてもいいです。香りのないネギのような食感で、特に根元の白い部分が甘みがあるので、しっかり根元まで取るようにしましょう。


posted by 炎の料理人 at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 食材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。