2010年04月03日

クッキングストーブ

手作り簡易かまど(キッチン・ストーブ)のワークショップ&自慢大会というのが三次市上田町の「ほしはら山のがっこう」で開かれたので参加してきた。

「ほしはら山のがっこう」というのは、廃校になった旧上田小学校を活用して地元の人たちが運営している施設。本当に山の上にあり、丘から見る周囲の風景は実にすばらしいところだ。

http://www.twoone.net/ai/hoshihara.html

キッチンストーブというのは、要するに料理をするための熱源のこと。これをいろいろ手作りしている人がいて、これを持ち寄って自慢しあい、料理も作って楽しもうというイベントだ。オラは燻製器は自作するものの、クッキングストーブは買ったものばかり。かねてから自作に興味があったので、勉強に来たというわけだ。

さすがにこういう変わったイベントに参加するだけあって、みんな濃いメンバーだ。そして、作品はまさにバラエティに富んでいる。パターンはいくつかあるのだけど、皆、オイル缶やスモーク缶などを加工し、内部に焚き口を通して外の缶との間に断熱材を詰めるという構造のものが多い。それから、農村で調達しやすい「すくも」(もみ殻)を使った「すくもくど」と言われるモノもあった。

クッキング1.jpg

これはオイル缶を改造したもの。一番シンプルだし、ある程度作りやすいと思う。断熱材はパーライトと呼ばれる鉱物の加工品だそうだ。

魔法.jpg

こっちは一斗缶を使ったもの。これは面が平らなのでより加工が簡単かもしれない。上に乗っかってるアヤシイ(笑)鍋は知人がバングラディシュで購入してきた。現在、この中でおいしいスパイスチャイを作ってます。この後、豆乳が入ってあっさりさっぱり、しかも体の温まるチャイをごちそうになった。

それぞれ火力はなかなかのもので、下のような大きな羽釜を使って余裕で料理ができる。

羽釜.jpg

こういう道具を持ち込んで発展途上国で普及させ、燃料効率を改善して樹木の伐採を減らす活動をしているNGOもあるんだとか。

一方で、こんなかわいい簡易かまども。

空き缶.jpg

わずかビール缶二個分の大きさで0.8合のご飯が炊けてしまうという。作ったのは10歳の男の子です。

一方で、こんな巨大なヤツも。

ピザ.jpg

ピザ窯ですね。本体で薪を燃やすほか、副燃焼室でも薪を燃やして温度を上げる本格派だ。

てな感じで、手作りもなかなか奥が深い。オラは既製品で大和重工の製品、「かまどん」を持ち込んだが、こういうのを見ていると自作したくなるなあ。

会場ではミニコンサートがあったり

演奏.jpg

こんなお客さんもやってきたり、

山羊.jpg

地元の農家のおじさんがおみやげにキャベツを差し入れしてくれたりと、大変盛りだくさんで充実した内容でした。今度は自作品をひっさげて、またやりたいなあ。

ちなみに、このイベントを主催したのは日本ロケットストーブ普及協会という団体。ロケットストーブは、床暖房機能を備えた特殊な薪ストーブです。これも一度は作ってみたいと思っています。

http://greenpost.way-nifty.com/sinaken/2009/01/117-743e.html
【関連する記事】
posted by 炎の料理人 at 23:03| Comment(2) | TrackBack(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私の所属してるあるメーカーのクラブではアルコールストーブの自作がはやってます。
ここまで行けばたいしたもんやで。
Posted by かわちゃん at 2010年04月04日 18:13
子どもさんの作品に感動。
こういうものを自分で作ってみようというアイデアに感動です。
お客さんも可愛い!
Posted by ゆに at 2010年04月05日 19:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/145538262
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。