2006年03月05日

ソーラークッカー

sora.jpg

庄原へ遊びに行って、おもろいものを見つけました。ソーラークッカー。太陽の光で調理をする道具ですね。折りたたみ式のパラボラを広げて、中央に鍋ややかんをセット。太陽の方角に向けると、お湯が沸いたり目玉焼きができたり。

でも、これって当然ですが太陽が陰るとぜんぜんダメだそうです。これを展示していた人いわく、イベントとかで、ちょっと自慢げに取り出して広げたら、とたんに雲が出だして、けっきょく何も料理はできず、なんてこともよくあるらしい。

また、鍋は黒い物でないといけないし、逆に取っ手が黒いと熱くて持てない。黒いプラスチックの部品が付いていると熱で溶けてします。いろいろ制約が多いのです。まあ、遊び道具ですね。あっ、もちろん買いませんでした。これで作ればめっちゃおいしくなるのなら考えますが…


posted by 炎の料理人 at 17:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おおおおおーーー!
これはすごい!
うちの職場で活躍するかも!
ちょっと欲しい!と思って
検索したら、割と良い値段ですね・・・
ん〜〜悩むな〜〜。

てゆーか職場で買ってもらえってか。
いや〜、でも自分でも
日曜日とかに使ってみたいしな〜。
ん〜〜
Posted by 自転車 at 2006年03月06日 01:13
そうなんですよ、けっこうな値段なんです。

似たようなモノを自作している人もいます。傘の内側にアルミホイルを張れば、けっこう熱が出るらしい。その場合、調理する道具は黒く塗っておくことが必須だそうです。職場で試してみたら、報告をお聞かせください。
Posted by 炎の料理人 at 2006年03月06日 20:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。