2010年01月17日

ほっぺ

近くの肉屋に、「和牛のほっぺ」という珍しい部位の肉が出ていたので固まりで買ってみた。100グラム300円以下。和牛にしては破格の安さだ。

店のおばちゃんは「ちょっと筋張っているからあんまり売れないけど、おいしいよ」と教えてくれた。丸くて底の浅いおわんを伏せたような、ちょうど円盤のような形をしている。

筋張っているという話の通り、真ん中あたりに硬くて太い筋が通っているようだ。これを見定めて、直角に筋を断ち切るように切る。でも、味を堪能したいので厚切りにした。

ほっぺ.jpg

なるほど、切ってみると手強い筋だ。でも、見事に美しい肉でしょ。赤身が鮮やかで、適度に脂肪も入っている。切り身の筋にさらに直角の切り目を入れる。そして、自慢の溶岩で焼いてみた。

いやはやこれはうまい!肉本来のうまみが口に広がる。確かに筋は硬いけど、切り込みを入れたおかげで、かみ切れないほどではない。じっくりかむことで、肉のうまみがさらに出てくる。肉にやたら柔らかさを求めるけど、ホントに味わうなら、しっかりかまないとね。

今日は本通の夢ぷらざで購入した、県内で手作りしている焼き肉のタレを試してみた。安芸高田市甲田町の甲田ふれあい会という団体が作っている「こだわり仕込み」というタレと、廿日市市津田(旧佐伯町)の吉和泰子さんという個人が生産者の、「泰子の焼き肉のたれ」(ネーミングがすごいですなあ)。

こだわり…の方はにんにくと梨も入っている、ややどろっとしたタレだ。泰子…の方は、比較的サラッとした液状だ。

焼き肉のタレ.jpg

個人的にはこだわり…の方の、深みのある味の方が好きですが。でも、充実の焼き肉で、よかったよかった。
posted by 炎の料理人 at 22:38| Comment(5) | TrackBack(0) | 食材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 ほほ肉は煮込みの定番ですが、焼肉屋にも“ツラ身”として出てますな。
ただしこんなに分厚くはカットしませんが。

>肉にやたら柔らかさを求めるけど、ホントに味わうなら、しっかりかまないとね。
 これホント同意。
んでやたら霜降りが最高ってのも個人的には“?”。
物事には“適当”“適度”って言葉があるのだ!
Posted by クレイジーピエロ at 2010年01月18日 13:38
炎の料理人さん今日は。
いつもいつも旨い物を食ってるなぁ。
うらやましい。

ところで
この肉はドコでも買える物なの?
ちょっと食いたいよ。
近所の肉屋に頼めば取り寄せてもらえる物かしら。

一応頼んでみよう。
もしだめ駄目なら協力してね。
Posted by むつ at 2010年01月18日 19:13
いや〜、美味しそうですね〜。
私も食べたいです。
あんまり売れないのならこちらに回して頂きたいくらい(^^)
Posted by ponta at 2010年01月18日 22:46
>焼肉屋にも“ツラ身”として出てますな

ツラ身とかツラっていうのは、顔の肉の総称ではなかったっけ?ほほ肉もそれに含まれるんでしょうね。

ちなみにわが故郷、関西ではツラのことを「天肉」というのですけど、やっぱり焼き肉でよく食べます。あれも硬かったなあ、そういえば。確かにピエロ氏のいうとおり、もっと薄く切っていました(笑)

>近所の肉屋に頼めば取り寄せてもらえる物かしら。

普通に取れる部位ですから、たぶん取り寄せはきくと思いますよ。うちの近所にはよく出ているようですから、いつでも声をかけてください。

同じ肉屋で和牛のすね肉が出ていて、以前、これも焼き肉にしたらいけました。シチューとかそういうものしか普通は思いつかないけど、このときも肉屋さんが焼いてみろというのでそうしました。

たぶん、商売でこういう肉を出すのはあまりやらないだろうけど、家でなら十分ありだと思います。
Posted by 炎の料理人 at 2010年01月18日 22:46
>近所の肉屋に頼めば取り寄せてもらえる物かしら。
 以前は“脳みそ”等も取り寄せ可能でした。
私の場合は“肉屋”ではなく“焼き肉屋”ででしたが…
なんでも正式な流通物ではなく廃棄物の一部だったらしいです。
もっとも今はBSE問題でキッチリ廃棄物になってその管理も厳しいらしいので無理です。
Posted by 暮維持 飛衛郎 at 2010年01月18日 23:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/138580364
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。