2009年12月20日

獣肉

例の食い意地が異常に発達しているグループの忘年会。おいしいお好み焼き屋&鉄板焼き&韓国料理屋さんで。でも、なぜか外めし道具を一式持ち込んでの大パーティーとなった。


このグループでの忘年会は、毎回、食材のテーマを決めていろんな物を持ち込む。今回のテーマは「獣肉」。ふだん、あまり口にしない食材を集めてみんなでガンガン食おうという趣向だ。


まずはイノシシ。庄原の友人が、最高の肉が手に入ったと送ってくれた。これは塩コショウ焼きで。


シシ肉.jpg


脂が実にあっさりしていて、そのくせ肉のうまみがじわっと口に広がり、これはうまい!!シシ肉は臭い、とか、硬いとか思っている人がいるけど、正しく処理された肉はゼッタイ臭くないし硬くもない。


続いてトド。タレにからめてから焼きました。見てください、この色を。


トド.jpg


ある人が「生なのか焼けているのか焦げているのかわからない」と言っていたけど、それも納得。で、その味は…。


はっきり言ってマズイ。昔食った、安物のクジラ肉って感じですね。旨みがないし、妙にボソボソした食感。


さらに、アザラシ。溶岩焼きにしております。


アザラシ.jpg


これも似たり寄ったり。海獣ってのは、おおむねこんな味なのかなあ。エスキモーたちはもっとうまい肉を食っているのか?やっぱり彼らのように生で食べないとだめなのかなあ。


続いてヤギ。ヤギといえばマトンをさらに強くしたようなニオイがあるので有名ですが、これはメスヤギ。


ヤギ.jpg


これはいけるなあ。肉は軟らかいし、味もうまみもあるし、ニオイもさほどではない。実は以前、知人の家で飼っていたヤギを食べたことがありますが、そのときも臭みは感じなかった。あれも若いメスだったのでしょうね。


続いてキジのモツ焼き。身の方はしっぽくうどんの汁の中に入っています。


キジもつ.jpg


やはりうまいわ。定評のあるものは誰もがうまいと思うのですね。しっぽくもバツグンのダシが出て、うどんがスルスルと入ります。


最後に登場する大物は七面鳥。ローストしました。何と4キロもある巨大なヤツです。私が持っているダッチオーブンには収まらず、ふたをして上から踏みつけて、ようやく中に入ってくれました。


七面鳥.jpg


焼き時間は2時間近く。それでも芯まで火が通らず、苦心の作です。味は、いちばん身が多い胸の部分はやや淡泊ですが、汁とからめて食べると最高です。こりゃいいなあ。


その他、ウマ、ラクダ、クマ、ダチョウも登場しました。


こんなもの、ランキング付けても意味ないかもしれませんが、あくまで私の独断でおいしさをランク付けさせてもらうと…


1.イノシシ
2.クマ
3.キジ
4.ウマ
5.ダチョウ
6.ヤギ
7.七面鳥
8.ラクダ
9.空白
10.空白
番外 アザラシ、トド


アザラシ、トド以外は十分うまいです。順位はかなりいい加減だと思ってください。
posted by 炎の料理人 at 21:38| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
上位4種は食べたことあるわ。
確かに猪、熊なんかは捌き方によってえらい味が違うね。
アザラシ、トドもほんまは美味しいんかもしれんで。
Posted by かわちゃん at 2009年12月21日 08:53
 エスキモーが生で食うのはビタミン補給&燃やす燃料が無いからだからですが…その方が美味いのかも知れませんね。
Posted by クレイジーピエロ at 2009年12月21日 10:12
あざらし、トドの順位付けがひどい(笑
S町にいたころ、たぬきを食べてみたという近所のじいさんがいました、「車ではねたからレンジでチンしてくうてみたけど味は最悪じゃった」と言ってました。

ラクダ・・・ラクダ。ラクダってあのラクダですよね?
ラクダの肉もってくるお友達すごいです。
どこで手に入れるんでしょうか。
チームそとめし恐るべしっ。
Posted by ようこ at 2009年12月22日 16:21
アザラシ、トドは確かに刺身で食べたら美味しいかも知れませんね。癖をそれほど感じないでしょうから。
Posted by ponta at 2009年12月23日 17:42
>確かに猪、熊なんかは捌き方によってえらい味が違うね。

野生の動物は、猟をしたときの状況やら、猟師の腕、猟をした季節などの違いが、肉の味に大きく影響するんですわ。

>エスキモーが生で食うのはビタミン補給&燃やす燃料が無いからだからですが…

ですなあ。でも、燃料の心配も食料の心配もがなくなった現代も、狩りに出たら、やっぱり生で食うらしいからねえ。

>チームそとめし恐るべしっ。

食うためになら何でもやるアブナイ連中です(笑)
Posted by 炎の料理人 at 2009年12月27日 21:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。