2006年02月18日

ふきのとう

会社の先輩からふきのとうをもらった。さっそく、天ぷらにしてみた。春を感じる苦味と鮮烈な香りがうれしかった。やっぱええよねえ、春は。

fukinotoh.jpg


小学校の4年生のころのことだ。近所の友だちの家は観葉植物を育てる仕事をしておられた。畑のあぜでいろんな草を採ってきて、鉢に植えてそこの温室に持ち込むと、ビックリするほど草が大きくなるのがおもしろくて、いろいろな物を持ち込んだ。

その中にふきのとうもあった。そんな物を持ち込んだことも忘れていたのだが、それからしばらくして、温室を久しぶりにのぞくと、そこには大きなフキが葉を広げていた。今では、そんなの当たり前じゃ、と言われそうだが、当時はビックリ仰天。そう言えばふきのとうとフキはニオイがそっくりだ。そうか、ふきのとうはフキの花なのだ(正確には「冬期花雷」というらしい)と知ったのであった。

天ぷらもいいけど、細かく刻んで甘い味噌(ふつうの味噌にみりんを合わせてもいい)に入れると、ふきみそだ。アツアツのご飯に乗せると死ぬほどうまい。

ただし、あんまりたくさん採っても仕方ない。天ぷらもふきみそもそんなに量がたくさん食べられる物ではないからだ。少しだけにして、春先の季節感を楽しむだけにしたほうがいい。


posted by 炎の料理人 at 17:34| Comment(8) | TrackBack(0) | 食材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ええなぁ、蕗味噌。
昔は山に採りに行ってたけど最近はご無沙汰ですわ。家族があんまりすかんから。

Posted by かわちゃん at 2006年02月19日 07:22
そんならわさび味噌はどうですか?これから葉わさびが店先に並ぶシーズンやし、あれを細かく刻んで味噌に混ぜたら、これもいけるよー。フキほど香りにクセはないし。
Posted by 炎の料理人 at 2006年02月19日 10:47
僕は写真のよりもう少し伸びたちょっとくせの強いやつが好きなんですが。
わさびはええやろね、わさびの茎と葉を刻んで酒粕につけたんもおいしいよなぁ。
Posted by かわちゃん at 2006年02月19日 18:26
粕漬けもいいですよね。私はわさびは酢醤油に漬けるのがいちばん好きです。そろそろ店先にならぶので、またブログで披露します。
Posted by 炎の料理人 at 2006年02月19日 19:05
ふき味噌死ぬほどおいしいですね。自分で作りたいのですが、刻む前に加熱しなくても大丈夫ですか?教えてください。
Posted by massyu at 2006年02月25日 08:39
よく、料理の本とかに「さっと湯がいて」とか書いてありますが、私はその必要はないと思います。

細かく刻んで味噌、みりんと混ぜ、鍋に入れて、このときかき混ぜながら加熱します。しかし、熱が全体に通って味が均一になれば火を止めてください。

火を通すのは、日持ちがよくなるようにというのと、みりんのアルコール分を飛ばして味をまろやかにするため。加熱しすぎてしまうと、せっかくのふきの香りが飛んでしまうと思います。
Posted by 炎の料理人 at 2006年02月25日 11:59
炎の料理人さんお久しぶり。
むつの所に来ましたよ、昨日。
湯来の娘で写真をやっている娘が、3時間かけて採った奴でーす。
むつ家は昨夜は「もつ鍋」(痛風に悪いだろうな)でしたので、取り皿に小さく刻んだふきのとうを薬味の ごとく入れて食しました。
普段から、むつは刻んで薬味のごとく使うのが好きなのよ。

毎年、お正月には、白島の某寺(特に名を秘す)のご先祖様にご挨拶に参ります。
そこの境内の植え込みには必ず4〜5個の「ふきのとう」が芽を出しています。
日照の加減か、お正月には必ず芽を出してくれています。
1個か2個「南無阿弥陀仏」と称名を唱えながら戴きます。
それを刻んで『お雑煮』に入れて食べる。
これがむつ爺の1年のはじまりでーす。

お粗末でした。

所で、「ふきのとう」がたくさんあるけどいる?
Posted by むつ爺 at 2006年02月26日 10:06
むつ爺さん、こんにちは。さすが食の探求者ですね。薬味に使うのもよさそうですね。今度、試してみます。

> 所で、「ふきのとう」がたくさんあるけどいる?

ありがとうございます。しかし、季節のものはやはり少しだけいただくのがいいかと。来年、もしご縁がありましたらぜひ。
Posted by 炎の料理人 at 2006年02月26日 20:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。