2006年02月03日

ナマコ

いやいや、よく言われることではあるけど、それにしても、最初に食べたヤツは誰なんだ、といいたくなる奇怪な食い物ですねえ。でも、うまい。

namako.jpg


できれば切って売ってあるのなんか買わずに、丸のままのやつを買ってきましょう。まず、塩をたっぷりふって塩もみしてぬめりを取ります。端を切ったらワタを取り出しましょう。捨てたらだめですよ。さらっと水洗いし、中に汚れがたまっていたら、端を持ってさーっと引き上げると、汚れが抜けます。塩に漬ければそのままコノワタです。

次いで、腹の側を切り開きます。そして、端からざくざくと薄切りしていきます。おいしくてあっという間に食べられてしまうので、4人で一匹くらいは処理して大丈夫。二杯酢かポン酢醤油で食べましょう。

ネギを刻んで入れたり、柚子の皮を刻んで入れてもいいですね。

namako-su.jpg


赤ナマコがうまいということになっていて、値段もはっきり違いますが、私はそれほど味が違うとは思いません。中華料理では、乾物を使いますが、これは戻す処理にめちゃくちゃ手間がかかるので、やったことはありません。でも、中華のうま煮は、確かにすばらしいですね。


posted by 炎の料理人 at 20:41| Comment(1) | TrackBack(0) | 食材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あ、うまそう。
今晩はこれやな(食当なもんで)。
けど誰もくわんやろ(笑)。
Posted by かわちゃん at 2006年02月04日 08:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。