2006年01月14日

底引き漁魚えーっセット

魚が大好きだ。子どものころから、父親の釣りに付き合っていたこともあって、魚を処理するのにも抵抗はない。あまり上手ではないが、三枚おろしもいちおうできる。で、ときどき通販などで珍しい魚を取り寄せたりして楽しんでいる。

で、今回は「底引き漁魚えーっセット」。楽天に出店している「山口県産海鮮広場魚かつ」という店で購入したものだ。底引き網漁の船には何度か乗り合わせたことがあるが、それこそゴミから何からみな捕ってしまう漁なので、実際には商品にならない魚がたくさん捕れる。それを通販で売ってしまおうという、なかなかのアイデアだと思う。

届いたのはかなり大きな発泡スチロールのトロ箱。中には、メゴチ、シタビラメ、グチ、メバル、ホゴメバル、ホウボウ、ウチワエビなど、それこそ何でもありの状態だ。全部で二十数尾いました。でも、小魚といっても、そんなにめちゃくちゃ小さいわけではない。刺身はさすがに無理だが、煮付けならそこそこ食べられる大きさだ。

試しに届いた昼に、グチとメゴチをぶつ切りにしてみそ汁に入れてみたが、これが抜群のうまさ。春菊を少し散らしただけで、高級料亭もびっくりだ。さすがに鮮度がいい。

まあ、魚をさばけない人には、何の値打ちもないが、魚を扱える人にはお勧めだ。仲間でバーベキューの時にこれで海鮮バーベキューというのもいいかもしれない。魚かつのHPを下に書いておきます。
http://www.rakuten.co.jp/uokatsu/579014/

sakana.jpg



posted by 炎の料理人 at 17:11| Comment(4) | TrackBack(0) | 食材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おもしろいなぁ、これ。
「自信のないやつは注文するな」言うのがええわ。

しかしこれだけ雑多な小魚がいっぺんにとどいたら海鮮鍋ぐらいしか思いつきませんわ。
Posted by かわちゃん at 2006年01月14日 21:23
そうですわ。「魚をさわるのが苦手な人、危険です」て、書いてあるんですから。危険なことはないと思うんですけど。「混ぜるな危険」みたいでおもろいですよね。

確かに、いちおう魚の「しごう」(広島弁)の仕方を知っておいた方がいいとは思いますが、私レベルのものでも何とかなります。送料込みで2000円を切る値段は魅力です。
Posted by 炎の料理人 at 2006年01月14日 23:37
私には危険みたいですが(笑)
パエリアにもよさそうですねっ。
Posted by chi-ko at 2006年01月15日 10:00
いやいやchi-koさま、大丈夫ですよ。

例えばゲタ(シタビラメ)。腹を出してウロコを取り、塩コショウをして両面に小麦粉をつけてバターか多めの油でじっくり焼けばムニエルのできあがり。出刃包丁がなくても、ふつうの文化包丁で十分料理できます。

さすがにぶつ切りするには出刃が必要でしょうけど、姿煮にするならその必要もなし。一度挑戦してみませんか(笑)
Posted by 炎の料理人 at 2006年01月15日 19:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。