2005年12月13日

コーヒー焙煎器

コーヒー党というほどではない。嫌いか好きかと聞かれたら、好きなのだけど、元々ががさつな人間なので、酸味がどうとか、アロマがどうとか言われても、ほとんど何のことかわからない。だけど、雰囲気は好きなので、ときどき自分で焙煎してコーヒーを楽しんでいる。

http://www.auvelcraft.co.jp/coffee/index.html

で、この手回し焙煎器。名古屋のアウベルクラフトという会社が作っているんです。他にも、ピザ用石窯キットとか、オカリナ手づくりキットとか、ほかの会社はまず手を出さないだろう、というような物好き系の商品を盛んに開発して売っている、変な会社だ。

実は庄原市の国営備北丘陵公園でここの社長に出会ったことがある。予想していた通り、好奇心がめっちゃ強い、変だけどおもろいおっさんでした。そこで実演してくれたのが、この手回し焙煎器。

自分で焙煎する道具はほかにもあるんだけど、これはくるくる回すだけで、ムラなくローストできるとことが気に入っている。実は、このムラなく、というところが意外に難しい。その点、この道具は、全体をかき回すことができるので、火が均一に当たるのだ。

生豆を網かごの中に入れ、カセットコンロの上にセットし、弱火であぶりながら、ひたすら取っ手を回す。最初にポスポスという音が出だすので、これが1はぜ。次いで、ピチピチと軽い音がし始めるので、これが2はぜ。ここで火を止めれば軽めのローストだし、豆が真っ黒になるまで回せば、深煎りになる。その辺は自分の好みで。

ただ、20分近く回さねばならず、手がだるくなるのは辛抱しなければならない。この辺からは私にはわからんのだけど、通に言わせると、焙煎してから1日くらい置いた方が、味はまろやかになるらしい。緑色っぽい生豆が、ダークブラウンに変わって光沢を発するのを見ているのは本当に楽しいし、新鮮な豆で淹れたコーヒーの味は格別です。

baisen3.jpg


posted by 炎の料理人 at 13:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めましてJSBです。よろしく!
焙煎器、作りました。
webで見かけた物をパクッて
小型化しただけですけど(笑)
ごく普通の珈琲缶の底に釘で小穴をいっぱい開けて
棒を差し込んで固定しました
上に、アミを付けたりしています
(100円ショップの茶漉しなども流用可)
http://jp.youtube.com/watch?v=0J7bqMp1a8U
40gの豆では、7分後ぐらいに、焙煎完了です
70gの大型器?でも、12分後ぐらいです
小まめに焙煎したほうが、美味しい珈琲を戴けます
Posted by JSB at 2008年11月18日 01:20
JSBさん、コメントありがとうございます。なるほど、少量をこまめに、ですね。がんばります。手作り焙煎器、なかなかいいですね。
Posted by 炎の料理人 at 2008年11月18日 07:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。