2006年07月22日

ラタトゥユ

この季節になると、夏野菜が本当においしくなって、しかも安くなるのがうれしい。それを思いっきり使った、本当においしい料理がこれだ。

トマト 大2コ
ナス 1本
ピーマン 大2コ
ニンジン 大1本
タマネギ 1コ
エリンギ 2本
ニンニク 2片
オリーブ油、塩、コショウ、好みでハーブソルト

材料はすべて乱切り。できるだけ同じくらいの大きさに切った方がいいが、神経質になる必要もない。

まず、鍋はできるだけ厚手のふたがきちんとしまるものがいい。ダッチオーブンだと最高。ルクルーゼなどの鋳物ホーロー鍋や、ビタクラフとなどの多層構造鍋でも可。鍋に油をひき、つぶしたニンニクを弱火で炒める。そこへタマネギを入れてしんなりするまで炒める。さらに、ニンジンを入れて炒め、後は材料をどんどん放り込んでいく。

ふたをしたら弱火にして、じっくりと煮込む。味付けは最後に、塩コショウで決める。ハーブ系の香りが好きな人はハーブソルトも入れて、味を見ながら調節する。

ラタトゥユ.jpg

とにかく一切水を加えない。味の決め手は野菜そのもののうまみ。中でもトマトは重要で、トマトの分量で味が左右される。その辺は自分の好みを見つけよう。だけど、フランスのごくありふれた郷土料理というだけあって、誰が作っても必ずおいしくできる。

できれば野菜は全部露地物でそろえたいので、青空市などで野菜がしっかり手に入ったときに作ってほしい。野菜は苦味が出るアブラ菜科、キク科の野菜(コマツナ、春菊など)以外なら何でもOK。キュウリ、ズッキーニ、カボチャなども合う。

アッサリしているのに味が深い。コンソメとか化学調味料は決して入れないでください。野菜の力はスゴイ、とうなるしかない。

夏野菜のうまさに免じて、ポチッとお願いします。


posted by 炎の料理人 at 03:10| Comment(7) | TrackBack(0) | レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。