2006年07月18日

野菜、野菜、野菜…

三連休のなか日、仲間と三次市の農家を訪問して、トウモロコシ狩りをさせてもらった。ご主人は事前の電話で「来てもらうのはいいのだけど、今年は日照不足でトウモロコシが間に合うかどうか」と心配そうな声。しかし、こっちは田舎の風景を見られるだけでもうれしいのだから心配無用。娘と娘の友だちもついてきた。

いや、すばらしい休日でした。こっちは13人のグループだったのですが、向こうはそれ以上の人数で迎えてくださった。ナス、キュウリ、アスパラ、トマト、ニガウリ…。小雨の中で雨粒を身にまとってすばらしく美しい姿を見ることができました。

tomato.jpg


それからなんと言っても食べ物。キュウリの酢の物、ナスの煮物、ばらずし、米の粉で作った麺、フキの佃煮などなど。すべて地物の材料を使った、手作りの素朴な料理ばかりでした。どれも野菜の自然なうまみが感じられ、何だか身も心も浄化されるような感じです。柏餅を作らせてもらったりして、娘も喜んでいました。

そして、極めつけはトウモロコシ。畑でもぎたてをただ蒸しただけで、塩もなんにも付けないのだけど、実に甘い。プチプチとした食感で口の中にジュース分がはじけるように広がり、自然な甘さで口の中がいっぱいになる。トウモロコシはもぎたてがいちばん甘く、その後はどんどん甘みが落ちるらしい。いやあ、実にいい休日でした。

corn.jpg


やっぱ野菜よね、と思ったあなた、思わなかったあなたも、グッといってちょうだい。


posted by 炎の料理人 at 22:09| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。