2006年07月01日

お弁当アートの作り方

obentou.JPG
今回は直接、外めしの話ではありませんが、まあ、お弁当も外めしの一つと考えれば関係なくもないか。

すばらしい本が出ました。「お弁当アートの作り方」。著者の寺島淳子さんは伊丹市にお住まいの女性です。最初はお嬢ちゃんのためにお弁当を作っていて、子どもが少しでも楽しめるようにと、アニメのキャラクターなどをかたどった、「キャラ弁」を作るようになったのです。

そのうち、お嬢ちゃんが給食のある幼稚園に入ったため、お弁当が不要になり、今度は会社勤めのご主人のためにお弁当を作り始めたのです。それは有名人の似顔絵だったり、いろいろな品物だったり。それが抜群にうまいのです。

しかも、特別な着色料などの添加物は使わず、どれも安心して食べられる材料を使って作られているところがすばらしい。その作品をブログで発表しているうちに人気が出て、ついに出版が決まった、というわけなんですね。

この本では、その技をすべて公開。傑作の写真もたくさん収録されています。「私にはとても作れない」という人も、見ているだけで楽しめます。出版社はエクスナレッジ

アマゾンなどでも購入できますよ。

本を買う前に、まずは一押し。


posted by 炎の料理人 at 18:37| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。